ホーム

性風俗御法度考

性風俗店においてペニスを膣内に挿入することは御法度とされています。なぜ性交が御法度なのでしょう。もちろん売春防止法がありますから、店が売春を斡旋すれば罰則の対象になります。しかし性交=売春ではありません。

子供が生まれると難儀だからという俗説もありますが、風俗店では避妊しようがしまいがとにかく性交を禁じています。たいていは本番行為の禁止という表現が用いられています。ペニスが膣内にあるという状態の禁止です。

しかし本来風俗店は、売春を禁じている旨を表明すればいい話で、法的にはそれ以上のことに触れる必要はありません。届出済み店であれば違法な店ではない建前ですから、その表明だけでも基本はクリアされます。

売春防止法は「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交すること」を売春と定義して禁じていますが、あくまで売春を禁じているのであって、性交そのものを禁じているわけではありません。

また売春防止法は、単純売春つまり売春行為そのものには罰則規定を設けていません。罰則の対象となるのは「公衆の目にふれるような方法」での売春の勧誘や売春の斡旋であって、売春そのものではないのです。

結論的にいえば、風俗店でコンパニオンが客と性交しても、そのこと自体は売春防止法に抵触しません。また客がコンパニオンに性交をもちかけることも違法ではありません。これは「風俗関連法解説」のページで詳しく述べます。

風俗店が「売春防止法を遵守しています」とアピールするのはよいことです。建前を示すというのは社会的に大事なことです。その上でコンパニオンが客と性交しても、それは自由意志であり、イコール売春ではありません。

コンパニオンの自由意志による性交が「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交する」行為であれば売春です。また店がコンパニオンに客との性交を条件に対償を約束していたら売春防止法違反です。

そういう状況にないと言えるなら、コンパニオンの行為は売春ではありませんし、店も売春防止法に違反していません。しかしこの法解釈は一般にあまり浸透していません。ゆえに2つの問題が生じています。

1つは一般に売春について誤解があるため、売春詐欺を働く裏風俗が絶えないという問題です。知識のない客は騙されることになります。2つめは売春についての認識が明確でないために風俗業界の健全化が遅れているという問題です。

まず1つめの話をしましょう。これは実話です。ある人、仮にAさんとしておきますが、そのAさんが広告で見たデートクラブを訪ねたときのことです。案内されたマンションの一室で、彼はシステムの説明を受けました。

システムといっても女の子を紹介するだけですが、セックスするなら3万円だというので、Aさんはそのコースを選びました。そして「女の子はあるスナックにいるのでそこで落ち合ってくれ」といわれ、地図を渡されました。

地図を頼りに店を訪ねると、そこは普通のスナックで、女の子はいませんでした。Aさんはビールとつまみを頼みましたが、1時間たっても女の子は現われません。店員に聞くと「さあ、僕はバイトなんでわかりません」とのこと。

こりゃ騙されたな、とAさんは思い、いつまでもいても仕方ないので帰ることにしました。最初に払った3万円は騙し取られたことになります。怒りが込み上げ、受付に電話して抗議しました。次のようなやりとりがなされたそうです。

Aさん「女の子なんていないじゃないか。3万円返せ」
受付 「それは女の子の都合でしょう。こっちは関知してません」
Aさん「セックスできる約束で3万円のコースにしたんだ。詐欺じゃないか」
受付 「おやお客さん、売春しようとしたんだから大きなことは言えないのでは?」
Aさん「それがどうした。はじめからそういう店だろうが」
受付 「売春はいけませんよ。そりゃ違法ですよお客さん」
Aさん「なら、あんただって違法だろ」
受付 「こちらは店に案内しただけで、売春しようとしたのはお客さんですよ」

結局Aさんはあきらめて、自分のエロさを恥じたそうです。へたすると売春防止法で自分がパクられると思ったそうですが、こういう泣き寝入り事例が実際に世間では起きています。だから理論武装が必要なのです。

このケースの場合、まずAさんは売春していません。仮に女の子と金銭のやりとりをしてセックスしたとしても、売春防止法違反で罰則の対象になるのは売春を斡旋した店であって、Aさんではありません。

筆者はAさんの話を聞いたあと、この店の存在を警察に知らせて、あっさり潰しました。すぐにそうした行動を取ったのは、売春斡旋がいけないからではなく、ちゃんと売春斡旋をしない店の存在が許せなかったからです。

ちなみに警察はこの店を摘発するとき、売春防止法違反容疑を念頭に置きつつも、直接的には詐欺の容疑でガサ入れしました。売春斡旋のふりをして詐欺を働いていたことは、Aさんという被害者がいることで明確だからです。

注意したいのは、もしこの店がちゃんと売春斡旋をしていれば、被害者はいなかったということです。売春斡旋がなされなかったために、Aさんという被害者が出たのです。このことをきちんと考えなければなりません。

危ない広告には近づかないことが賢明だといえばそのとおりですが、危ない遊びに首を突っ込みたがるのも男の性です。そうであれば、詐欺にひっかからないために、売春についての知識を客は持っておく必要があります。

さて2つめの話です。風俗店での性交が禁じられているため、かえって性病が蔓延しているという現実があります。この問題について、警察庁も厚生労働省も風俗業界も、そろそろ考えるべき時期に来ています。

具体的に言いましょう。なまじっか性交を禁止しているために、コンドームを用意していないコンパニオンが多いのです。ですから、ときにプレイの流れで性交に至ったとき、ナマでしてしまうケースが多いという現実があります。

はじめから性交の準備をしていれば、いざとなったらコンドームを出して、客にその旨を告げることができます。どさくさに紛れてナマになってしまうのと、準備をしておくのと、どちらがいいのかを考えるべきです。

クラミジアが流行した原因は、あきらかに風俗店での69とフェラチオです。性交が禁止されているため、性交以外のサービスが過激になった結果です。このことに警察庁や厚生労働省は目を向けなければなりません。

本格的に性病を予防するなら、ヘルスのサービスはほとんどできなくなります。できるのはコンドームをつけてのフェラチオと手コキだけでしょう。一方、コンドームをつけての性交によって感染する病気はありません。

コンドーム付きのフェラチオは評判が悪いので、結局コンドームなしのフェラチオを行なう店に客は流れます。コンドームなしの69とコンドームをつけての性交ではどちらが性病対策になるでしょう。当然、性交の方が安全です。

風俗店でコンドーム着用を徹底した上での性交を解禁すれば、性感染症は確実に減るでしょう。管理売春が健康を守るのです。このことを踏まえた上で、売春防止法の見直しが必要な時期に来ています。条文の部分改正ですむことです。

さしあたりは風俗業界と警察との間で不文律を設けるのが現実的でしょう。その場合、ソープランドで行なわれていることを他の店にも援用することになりますが、慣習の変更は時間がかかるもの。今後の課題です。

(2007.1.7記)


ホームへもどる

動画 アダルト動画 ライブチャット